転職

介護業界での転職なら転職支援サイトを利用しよう!!

介護業界で転職するなら転職支援サイトを利用しよう
こんにちは!新米介護福祉士のともひろ(@tomohiro_care)です。

実は6月に転職しまして、今は某老健内のデイケアで常勤介護士として勤務しています。今までの職場と違って、待遇もよく、残業もないホワイトな職場に出会えて今回の転職は大成功だと自分では思っています。

この記事を読んているあなたも転職をして、今よりも良い待遇を得たいとか、残業のない職場で働きたいと考えているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、僕の転職の体験談とともに、おすすめの転職支援サイトをご紹介したいと思います。

介護業界での転職は2回目。最初の転職は失敗だった・・・

Eye catch kaigo tensyoku
僕が介護の仕事をするようになって4年ほど経ちます。

3年間デイサービスで介護職として働いたあと、サ高住(サービス付き高齢者住宅)の管理者として4ヶ月勤務しました。

たった4ヶ月です(笑)

正直、この転職は失敗だったと思っています。

デイサービス勤務時より待遇は良かったのですが、就業時間よりも30分早く出勤するのは当たり前。終業時間も定時後30分残るように勤務スケジュールが組まれている。

また、同じ施設で働いているサ責(サービス提供責任者)は土日休み。サ責が土日休みだから当然自分は休めない。

なんでサ責だけ土日休みなのかを、上司に聞いてみたら「家庭を大事にしてほしいから」

「は?」「こっちにも家庭があるじゃ!ぼけー!!」と言ってやりたくなりました(笑)

そして極めつけは就業ルールがない、組織図がない。これです。

もう会社としての体をなしていないヤバイところに転職してしまったと感じ、再び転職活動を会社には内緒でスタートさせました。

前回の失敗を教訓に転職支援サイトを活用

Support
デイサービスからサ高住の管理者に転職するとき、僕はindeedなどの求人サイトや新聞の折込チラシ、タウンワークなどの求人誌を利用して仕事を探していました。

あなたも新聞の折込チラシや求人誌、求人サイトを利用して自宅近くの施設を探しているのではないでしょうか。

しかし、この方法ははっきり言っておすすめできません!!

これらの媒体を見れば、給与も書いてあるし、休日もわかる、いろいろな施設を比較検討でき、手軽に仕事を探すことができるし、一見便利です。

しかし、このような求人の中には(稀にではありますが)事実とは異なることを記載している施設もあります。

介護業界は、どの施設も人手不足です。少しでも多くの求職者を集めるために、高待遇を謳っておきながら実際には低賃金だったり、残業は月に何十時間もあるなんてこともあります。

このように折込チラシや求人誌、求人サイトを利用した自分一人での転職活動には限界があります。

そこでおすすめの方法が「転職支援サイト」と呼ばれるサイトに登録して、専門のコンサルタントの方に転職活動を手伝ってもらう方法です。

転職支援サイトとは

Hatena
転職支援サイトとは、コンサルタントと呼ばれる転職のプロが、あなたの希望条件や経歴などから、あなたに適した求人を無料で紹介してくれるサービスです。

一般企業への転職では、マイナビ転職やエン転職などのサイトが有名でしょうか。

これらのサイトにも介護・福祉系の求人はありますが、介護・福祉分野に特化した転職支援サイトもたくさんあります。

もしあなたが介護・福祉分野での転職を考えているなら、介護・福祉に特化した転職支援サイトを利用することをおすすめします。

特化しているだけに、抱えている求人の件数も多く、またサイトには掲載できない未公開案件という求人も多くあります。

僕も今回の転職には、介護・福祉分野に特化した転職支援サイトを利用して、現在の職場を紹介していただきました。

自分ひとりだけの力では、やれることの限界もあり、今のような高待遇の職場を見つけることはできなかったと思います。

転職支援サイトを利用するメリット

転職支援サイトを利用するメリット
以下に書いたのは、僕が転職支援サイトを利用するメリットと考えているものです。

メリット
  1. 無料で多くの求人から条件にあったものを紹介してもらえる
  2. 条件面の交渉などをコンサルタントがしてくれる
  3. 自分が納得するまで、何度でも無料で求人を紹介してもらえる
  4. 面接時もコンサルタントが同席してくれる
  5. 内定後もフォローしてもらえる

その中でも特に大きなメリットとして感じているのが、2番目の「条件面をコンサルタントが代わりに施設側と交渉してくれる」ことです。

通常、折込チラシや求人誌、求人サイトを利用して自分ひとりで転職活動する場合、条件面などの交渉は、面接時に自分自身で行わなければなりません。

職を探しているという立場上、なかなか待遇面の交渉を自分自身で行うのは難しく、施設側の言いなり・・・ということも多いと思います。

それをコンサルタントが代わりに行ってくれるのは、転職する上で非常に大きなメリットだと僕は思います。

また、就業後も定期的に連絡をしてもらえて現状に不満や不安はないかどうかの聞き取りをしてくれます。就業したのに条件が違った!なんて時も、コンサルタントに言えば解決してくれるので安心です。

転職支援サイトを利用するデメリット

転職支援サイトを使うデメリット
僕は、転職支援サイトを利用する際のデメリットは浮かんで来ないのですが、強いて言えば「すぐに仕事に就きたい」場合には注意が必要かもしれません。

求人紹介から条件交渉・面接日時調整までのすべてをコンサルタント経由で行うため、自分自身で求人に応募する場合よりも時間がかかってしまいます。

なので、すぐに就業したい場合には、自分自身で応募した方が早い場合もあるので、その点はデメリットだと言えるかもしれません。

おすすめ転職支援サイト

おすすめ転職支援サイト「カイゴワーカー」
僕がおすすめする転職支援サイトは「カイゴワーカー」というサイトです。

今回僕がお世話になったサイトでもあります。

求人を紹介してもらうにはサイトに登録をする必要があります。

サイトトップページ右上の「お仕事を紹介してもらう」と書いてあるバナーをクリックし、保有資格や転職可能時期、電話番号やメールアドレスなどを登録します。

登録すると早ければ数分、遅くても次の日にはコンサルタントから電話がかかってきます。(登録したタイミングによる)

電話では、自身の経歴や希望条件(施設形態や給与・休日など)などをコンサルタントの方からヒヤリングされます。

その後、実際にコンサルタントの方が希望条件にあう求人を探してくれます。その後、紹介された求人の中から自身がなっとくできる施設に応募・面接・採用という流れになります。

さいごに

コンサルタントによる紹介は何度でも無料で利用できます。

自分の求める希望条件を遠慮なくコンサルタントに伝えること。納得できるまで何度もコンサルタントを利用することが、良い職とめぐりあうコツだと思います。

転職支援サイトを有効に利用して、あなたの転職活動を成功させましょう!!

カイゴワーカーに登録して転職する